あれから1年

早いもので、先犬の風ちゃんが死んで明日で1年。
今日、家族みんなでお寺に行ってきました
d0104705_21172996.jpg

骨はまだ納骨堂にありますが、希望すれば敷地内の竹林に散骨してもらえます
d0104705_21192140.jpg


風ちゃんの死については以前、書かせてもらいました
夜中続いた痙攣の発作が治まってホッとしてソファで横になっていた私のところに
風ちゃんがそっと寄ってきて私の手をなめました。
体をなでてあげると嬉しそうに私を見上げ横になりました
その後また痙攣がはじまりました。二度と意識は戻ることはありませんでした。

息子が沖縄にバイトにいっており最後は間に合いませんでしたが、
家族みんなで風ちゃんを送りたかったので息子が帰ってくるまで家で待つことにしました。
去年はまだまだ暑く、風ちゃんの遺体が持つか心配でした。

ドライアイスを手に入れようとアイスクリーム屋さんに駆け込みましたが売ってもらえませんでした。はたと、風ちゃんのいくつかある散歩コースの途中に小さなドライアイスの看板があったことを思い出しました。
急いで行ってみましたが日曜日でお休みです。でもお店の敷地内に家があったので思い切ってブザーを押してみました。男の人がでたので、「ドライアイスを売ってください」と言ってみました。「今日、休みなんだけど、何に使うの」めんどくさそうに言われましたが
「飼い犬が死んでしまい、お葬式するまで体を冷やしたいんです」と説明しました。
声がふるえてうまく話せませんでした。しばらくしたらおじさんが出てきてくれました。
「犬、死んじゃったのか。そりゃあ悲しいなあ。この暑さで臭くなっちゃあかわいそうだよな」といってドライアイスを切り始めました。
「ウチもさ、犬死んじゃってもうつらくてさ。親が死んだってあんなには悲しくないよ。」
「二度と飼わないって決めたのに、のら犬がきちゃってさ、しょうがないからまた飼っちゃったよ」
言葉はぶっきらぼうなのにやさしいおじさんでした。
「助かります。本当に助かります。息子が帰ってくるまで待ちたいんです」と何度もおじさんにお礼を言いました。
帰り道、風ちゃんが死んだことの悲しさとおじさんのやさしさが嬉しくてドライアイスの入った新聞紙を抱えながら泣いて帰りました。

風ちゃんを見送ったあと息子は、沖縄から東京まで自転車で帰ってくるという当初の計画を実行するために風ちゃんのアルバムを持ってまた沖縄に戻りました。

今年、風ちゃんはいなくなりましたが撫子ちゃんがいます。
撫子ちゃん、風ちゃんの分も幸せになってね。
撫子ちゃんのこと、大大だーい好きだよ。
d0104705_22103927.jpg

[PR]
by nadeshikochan | 2007-09-02 22:15


獣医さんの前に捨てられていたコーギーの撫子は2007年3月東京在住の我が家に。次に飼い主のおばあちゃんが亡くなり2010年12月ウエスティMIXのトンちゃんが加わり関西人の飼い主との笑える生活がスタート


by nadeshikochan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
撫子
ひな祭り
花見
節分
撫子&トンちゃん
トンちゃん
家電
NBOX
DIY
その他
未分類

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

最新のトラックバック

リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧